助言を提供してくれる資産運用のサポート業者|相談して悩みを解決

証拠金以上のリスクなし

株式

少額資金で大きな取引

日本国内のfx業者を活用した場合、レバレッジ規制の対象となるため、その上限は25倍ということになります。一方、海外fx業者の場合、この規制の対象ではありませんから、事実上、上限は無制限ということになります。レバレッジが高いメリットはどこにあるのかというと、ご存知のとおり、準備する証拠金が少額ですむことです。つまり、高レバレッジの海外fxでは、少額資金で大きな取引を行うことが可能になるのです。例えば、1ドル100円の状況において1万通過の取引を行う場合を想定すると、レバレッジ25倍の場合は証拠金が4万円必要となりますが、500倍の場合にはわずか2千円ですむというわけです。海外fxの高レバレッジはリスクが高いという考え方をする方もいますが、これは正しい解釈なのでしょうか。この点、貯金の大半をつぎ込み、高いレバレッジで取引してしまえば、資産がなくなる可能性があります。しかし、fxトレーダーがこのようなリスクの高い取引を行うこと自体、そもそもあってはなりません。一方、資金管理やリスク管理ができるトレーダーであるならば、全く問題なく海外fxを使いこなすことができるでしょう。また、日本国内のfx業者の場合は、追証という制度がありますが、海外fxの場合は原則としてこれがありません。もし、思惑と違った値動きが起き、多くの損失が生じた場合であっても、証拠金以上の債務を負う必要はありません。このように、海外fxでは高レバレッジのリスクを無くす工夫が行われているため、安心して利用することができます。